トップページ >授乳中はお腹が空くもの

授乳中はお腹が空くもの

母乳育児をしている時期は、とにかくお腹がすくものです。これは、それだけエネルギーが必要になるからです。説明不要かもしれませんが、母乳は血液で作られています。そのため、母乳を作るためには血液を増やすことが必要になります。赤ちゃんが飲んでいるのですから、当然母体からは血液の量が低下していることになります。なんともかわいい吸血鬼たちです。

 

とにかく、そのために授乳中はより多くの栄養が必要になるのです。特に、母乳の主な栄養分は炭水化物と言われていて、多くのカロリーが必要になります。母乳を作るのに必要なエネルギーは、一日約500〜800キロカロリーとも言われていて、これは女性のほぼ一食分のカロリーです。ですから、一日に4食食べるくらいが本当は適切なのです。

 

もしも、産後に急激に痩せた場合や体力が低下している場合には、より多くのエネルギーや栄養がないと母体の回復もおぼつきません。しかし、実際には上記の必要カロリー以上に食べたくなります。これは、赤ちゃんの成長を見ていれば当然かもしれません。母乳だけで赤ちゃんは生まれた後、体重が2倍以上になるまで成長していきますから、相当量の栄養が必要になるのです。

 

あまり食べる量を気にするよりも、空腹なら食べるという感じでこの時期は問題ありません。空腹というのは、体に必要な栄養を求めるサインです。問題なのは、空腹を感じていないのに食べてしまうということ。これには注意しておく必要があると言えるでしょう。