トップページ >銀行、クレジットカードについて

銀行、クレジットカードについて

銀行やクレジットカードの住所も変更しなくてはいけません。昨今ではATMが普及し、お金の預入、引き出しはほとんど銀行のATMでされる方が多く、後回しにしてしまうことがあります。

 

クレジットカードも同様に普段通り使えることから、手続きを後回しにして忘れてしまうことがあります。住所変更の手続きをしないでいると、銀行からの大事なお知らせや、クレジットカードの領収書などが届かない恐れがあり、思わぬトラブルの原因にもなりかねません。忘れず早めの手続きを心がけましょう。

 

手続きは銀行、クレジットカード会社によって異なるので、店頭に直接出向くのが最も確実です。会社によっては電話やインターネットでも可能なところもあるので、問い合わせてみましょう。

 

必要なものは、通帳と印鑑、住所移転届書と身分証明書です。身分証明書は運転免許証等で大丈夫ですが、印鑑は銀行で口座を開設した際に使ったものと同じものでなければ受け付けてもらえないので、注意しましょう。

 

転居先に銀行の支店がない場合は思い切って他の銀行に口座を移すことがおすすめです。給与の振込先に指定している銀行でももし変更可能ならばなるべく新居に近い銀行に変えておいたほうが色々と便利です。

 

引越しを機会に銀行だけでなくクレジットカードも見直して、もし使っていないクレジットカードがあるなら解約も考えましょう。引越しは何かと出費がかさみます。賃貸契約などにも銀行口座が必要になるでしょうから、早めに手続きをしておきましょう。