トップページ >鼻の乾燥を防ぐにはどうすればいい?

鼻の乾燥を防ぐにはどうすればいい?

喉だけでなく、鼻も乾燥します。その原因としては、風邪等のウイルスの喉や鼻への侵入が考えられます。寒い季節になると、鼻が詰まり始めます。つまり、鼻の中の湿度が上がるということになりますね。これは身体がウイルスの侵入を防ごうとしている証拠です。

 

ところが、部屋の湿度が極端に低い場合や長時間外に出なければならない場合は、自然の力だけでは防御不能です。そのような場合にオススメしたいのが、加湿器をはじめとするアイテムです。鼻は喉よりも乾燥を防ぎにくい部位です。

 

喉を潤すために、水を飲んだり、あるいはマグカップにお湯を注いで、その蒸気を鼻から吸ったりしましょう。
それでも鼻の乾燥が解消されない場合には、耳鼻科にて鼻の粘膜機能を調整するための漢方薬を処方してもらいましょう。

 

また、マスクの着用もオススメです。これは喉の乾燥対策にもなりますね。最近では濡れタオルも販売されており、こういったものを使用するのもよいでしょう。

 

さらに、マスクの外側を湿らせて使っている人もいるようです。冬になると、外の空気が乾燥するため、マスクを着用して外出したいものですね。鼻のことだけでなく、部屋内の湿度を上げる方法を考えるようにしましょう。部屋の空気が乾燥しないようにすることは、鼻にとってもいいことですので、色々やってみるとよいでしょう。